• ファクタリングから抜け出せなくなる事例

    • ファクタリングで気をつけておくべき点は、手数料が高額であることですが、一時的に高額な手数料を支払っても、倒産のリスクを回避できるなら、メリットのほうが大きいかもしれません。

      しかし、抜け出せなくなってしまい、ずっと高額な手数料を支払い続けるということは、絶対に避けなければなりません。


      ファクタリングの手数料の相場は、10%〜20%くらいです。20%の手数料がかかると仮定して、抜け出せなくなる事例を紹介します。

      介護 ファクタリングについて正しい知識を持つこと重要です。

      A社では、資金操りが悪化したので、2015年5月に手数料20%でファクタリングを利用しました。

      500万円の売掛金を、400万円で即時現金化してもらうことができました。



      そのため、倒産のリスクはとりあえず回避できました。

      産経ニュースについて知るならこのサイトです。

      しかし、将来入ってくるはずの500万円の売掛金を、前倒しして400万円の現金にかえてしまったので、6月に再び資金操りが悪化しました。

      この会社では、毎月500万円くらいの売掛金が入ってきますが、6月分を前倒しして現金化してしまったため、6月の収入はほとんどゼロです。そこで、6月にもファクタリングを利用して、7月に回収できる予定の500万円の売掛金を400万円の現金にかえました。


      A社は、このままですとずっとファクタリングから抜け出すことができませんね。
      毎月100万円もの手数料を支払って、倒産を回避していますが、大きな損をしています。
      このままではどのみち倒産をしてしまうので、早い段階で事業を終わらせたほうがよかったかもしれません。

      このようなリスクも考慮して、利用をしましょう。


  • 納得の真実

    • ファクタリングの仕組みについて

      ファクタリングとは、人が保有している売掛債権をファクタリング会社が与信判断のうえで買い取り、資金を提供する仕組みになります。売掛債権とは、商品やサービスの提供が完了し、請求済みであるにも関わらず、支払が実行されていない債権のことをいいます。...

  • 意外な事実

  • 福祉の秘訣・福祉の常識

    • 公的介護保険とファクタリングの関係

      日本では40歳以上の人は原則、公的介護保険に加入します。介護や支援が必要となり然るべきサービスを利用したいとなった場合、まず審査が行われその人の状態が判定されます。...

    • 介護福祉事業所運営でのファクタリング方法と内容

      介護福祉事業所を開所するさいに、初期時は申請、運営、を整えてから、利用者が市町村を経由して利用開始しますが、この初期の状態でかなりの先行投資をおこなわなければなりません。たとえば、施設の敷金礼金、家賃、人件費、水道光熱費を払いながら運営しないといけない状況になります。...