• 介護におけるファクタリングについて

    ファクタリングというシステムをご存知ですか。


    資金調達サービスの一つとして、最近はたくさんの分野でのサービスとして機能しています。
    特に介護事業においても人気になっています。



    ファクタリングとは、企業が有している売掛金をファクタリング会社が買い取り、早期に資金を提供するというサービスなのですが、それがどうして介護の分野で発展しているのでしょうか。

    介護保険事業者はまず国民健康保険に介護報酬の請求を行いますが、その時報酬が支払われるのに約45日かかります。
    すぐに支払われるというわけではないのです。


    その間に資金が必要になった時などは困ってしまうことになります。
    そのようなときにファクタリングを行えば、その介護報酬を買い取るという形で、早期に現金化することができるということです。特に、事業を始めたばかりの方に人気になっています。

    事業を始めたばかりで資金が大量に必要なのにも関わらず、現金が足りていないという方が医療関係の世界ではよくいらっしゃいます。
    高齢者が増えている現在、医療関連の事務所は日々増えています。

    YOMIURI ONLINEに関する情報が幅広く集まります。

    ですから、資金繰りに困っている方はどんどん増えているので、ファクタリングが医療の世界では周知の事実となり、人気となっているのです。

    それに従って、たくさんの業者ができていっています。
    費用や、還元率、還元される早さなど事務所によって様々です。

    ファクタリングに関してはこちらのサイトをご覧ください。

    必要な方は色々な業者を調べて、その時のニーズに合った業者を選ぶのが良いでしょう。